法律で細かくルールを定められているテント倉庫!初めてでもスムーズに設置するための知識をご紹介

このサイトでは、簡易的な倉庫を短期間で設置したいときや倉庫以外の目的で借りた土地に簡易的な建造物を建ててモノづくりをしたい工場などテント倉庫について初めての人でもスムーズに設置するための基本的な知識について解説しています。
このような建造物は法律で細かく決まりごとがあるので、それを理解しておく必要があります。
また、このような建造物の特徴や利用するメリット、設置のときに行われる基礎工事など幅広く解説するので参考にされることをおすすめします。

法律で細かくルールを定められているテント倉庫!初めてでもスムーズに設置するための知識をご紹介

テント倉庫は膜構造建築物に該当するもので、倉庫として用途を限定したときには国土交通省告示667号の範囲内で考えなければなりません。
テント倉庫667号の法律は、膜構造の建築物や1階建て、屋根および壁があることや規模が1,000平方メートル、基礎の下側から肩口までの軒高さが5m以下で屋根の形状は切妻・片流れ・円弧のいずれか、このような基準が設けてあり全ての条件を満たしていることがテント倉庫として認められるものです。

様々な用途で活用されているテント倉庫

テント倉庫は、主に不燃性・耐燃性の素材を活用し、鉄筋・鉄骨の枠組みに強度なビニールを被い、特別な空間として活用するものを指します。
骨格となるフレームを建てるためには、基礎工事が必要であり、地盤改良はもとより建築確認申請を伴う場合もあります。
テントを用いた倉庫にする最大のメリットは、何といっても完成までの工期が比較的短期間で終了すること、本格的なコンクリート製のものに比べ、非常にリーズナブルな費用で済むことがあげられます。
テント倉庫の用途は実に様々で、モノの一時的な保管場所、大型車・フォークリフト・トラックなどの待機所としても使われています。
また、日本各地に点在する卸売市場などでは、野菜や果物などの荷下ろしの際、雨風を凌ぐことができるため、非常に重宝されています。
ほかにも、愛犬のドッグランに利用されているものもあり、雨天の際などはワンちゃんたちが喜んで走り回っている姿を目にすることができます。
注意して見なければなかなか目にすることが難しいものではありますが、その果たす役割は非常に大きいと考えられます。

サイズで変わるテント倉庫の費用相場

テント倉庫は支柱になる部分を組み立てた後でシートを付けるだけで使えるため、イベントにおける休憩所や一時的に荷物を保管するための倉庫などで利用されています。
そのメリットは組み立てと撤去が簡単で時間がかからないということの他に、同じような通常の建築物を建てる場合と比較しても費用を安くできるという点でしょう。
これはテント倉庫が建造物と比べると耐久性が強度が低いからですが、そこまで酷い自然環境でなければ一定期間の利用には耐えることができます。
テント倉庫の費用は大きさや形状の他に、入口部分に扉があったり使われているシートや支柱の素材で違いがありますが、その相場は2メートル四方で高さも2メートルの場合、3万円から5万円になっています。
これが3メートル四方になると6万円から8万円程度になりますが、これ以上の広さになると価格が急に高くなるので注意してください。
テント倉庫は大きくなるほどに支柱やシートにかかる重量が増していくので、その強度を維持するために素材についても別のものを使わなければいけません。
中心部分に支柱が立てられるのであれば安くできますが、その利用目的からそのような部分に支柱があると邪魔になるだけなので、購入する時は予算に応じた広さを求めるようにするといいでしょう。

オプションの追加でカスタマイズが可能なテント倉庫

テント倉庫には様々なオプションを付けることでより利便性を高めることができます。
例えば出入口があり、これは追加というよりは最低1か所は必須という言い方もできますが、2か所以上に設けることも可能です。
他に考えられるものには、窓・照明器具・空調装置・ひさしや雨どいといったものがあります。
倉庫に用いるためには、内部にラックとか仕切り板などを設けることも十分あるでしょうし、これらに対応しているテント倉庫も存在しています。
窓に関しては開放感の他、日光を取り入れたり換気のためという理由が挙げられます。
照明器具は、物の保管が主目的であることや素材に使われているシート膜には一定の透光性があるため、あまり重視されないケースもありますが、例えば夜間や雨天時とか内部で仕分け作業を行うような場合にはまず欠かせないということができます。
空調装置についても、保管する物品の性質や内部で行われる作業の内容などによっては必要が生じてきます。

ゴルフ練習場にも活用されるテント倉庫

テント倉庫を採用したゴルフ練習場は、雨天の日でも快適に利用できることから人気です。
風の影響も受けることが無く、フラットな条件でフックやスライスなど自身の癖を確認しながら練習してみたい方にもおすすめです。
一般的なゴルフ練習場で大きな課題となるのがボールが飛んで行く問題で、近隣の住民へ迷惑をかけることが懸念されるほか、巨大なフェンスを設置したとしても稀にそれをすり抜けで、住宅のガラスを割ってしまうケースも少なからずあります。
一方のテント倉庫なら、どの方向にボールが飛んでもテント内に留まり、紛失するのも防止できます。
ドライバーなどの打球にパワーがあり飛距離が伸びる練習では壁などにボールが激突して痕が残ってしまい、数年に一度の修繕が必要になりますが、テント倉庫なら素材にパワーが吸収されてからボールが下に落ちるので、壁などの劣化を心配する必要はありません、このようにテント倉庫を導入すれば、コストダウンが図れる以上に様々なメリットが享受できます。

テント倉庫に関する情報サイト
テント倉庫の設置について

このサイトでは、簡易的な倉庫を短期間で設置したいときや倉庫以外の目的で借りた土地に簡易的な建造物を建ててモノづくりをしたい工場などテント倉庫について初めての人でもスムーズに設置するための基本的な知識について解説しています。このような建造物は法律で細かく決まりごとがあるので、それを理解しておく必要があります。また、このような建造物の特徴や利用するメリット、設置のときに行われる基礎工事など幅広く解説するので参考にされることをおすすめします。

Search